NEWS

お知らせ

未来からの借り物

先日の新聞記事にこんな言葉がありました。

 

『この地球は 先祖から受け継いだものではなく、未来の子供たちからの借り物である。』

 

よく言われる言葉だそうですが、私にはその発想はありませんでした。

 

『先祖から受け継いで未来へ繋ぐ、未来に残す」そんな考えでいたので、「なるほど!」と思いました。

 

 

昨今、非常に重要なキーワードになっている「サスティナブル(持続可能な)」

この関連的なものとして、「SDGs/エスディージース」や「ESG投資」など新しい価値観や指針がどんどん出てきています。

 

これは、人間の活動が自然環境や資源に悪影響を与えず、かつその活動を維持できるさまを表す言葉であり、

既に崩壊が始まっている今の環境をこれ以上破壊させず、未来につなぐ→未来に返す。

地球が悲鳴を上げている今、しなくてはならないことだと切に思います。

 

 

衣料やファッションの業界でも非常に話題になり、様々なところで使われています。

 

『サスティナブル=エコロジー=自然に優しい』的な連想から生まれる物や事柄。

 

例えば

【生地】・・・再生ポリエステル、ペットボトルの再生糸、再生ナイロン、リサイクルウール

【附属】・・・再生原料のファスナー、再生ポリエステルの裏地などなど。

 

【その他】・・・毛皮を使わない、リサイクルダウン(布団などで使用したダウンを回収して洗って、

もう一度使うもの)を使うなどです。

 

ただし、全ての工程においてエコロジーであることは非常に難しく、『そもそも論』的なところから

考えてしまうと何もできなくなります。

 

ポリエステルなどの石化燃料から出来る素材はエコなのか?

生地を染めたり加工したりするときに使う薬剤はエコなのか?

服の一部がリサイクルであったとしても、ファスナーは?、釦は?、糸は?、袋は?

土にもどる素材を使ったとしても、糸や附属がそうでなければ意味がないのではないか?

 

考え出すとキリが無いので、できることから始めるしかない!となってしまいますが

ひとつひとつ信じて、やって確かめてみるしかないですね。

 

新型コロナの問題でそれどころではないですが、様々な『使い捨てのもの』を見直してみる時

なのかもしれないと思った今日この頃です。

 

そんなサスティナブルや廃棄ロスを少しでも減らすためにも

エコな布マスク!医療用の抗菌・抗ウイルス加工された白衣素材を使っています。

ご購入はこちらから↓

抗菌・抗ウイルス布マスク 販売中!