NEWS

お知らせ

人口減少と少子化加速3

前回の続き!

 

子どもを育てやすい環境とは何だろうか。

 

 

人間は群れを成して生活する生き物であるはずが、どんどん孤立しています。

 

群れを成すと生きにくくなる部分がでて、面倒くさい、

それもわかるような気がします。

 

 

子どもを持つか持たないかは個人の意思なので、

親の価値観で決まってしまう。

親の価値観は、自分が生きる上での価値観である。

 

それを強制できないし、これからのカップルに子供を持ちたいと思ってもらうには

どうしたらよいのだろうか。

 

難しい問題ですね。

 

 

 

中国は、2016年に一人っ子政策を止め、2人までOKとしましたが、

少子化には歯止めがかかっていないようです。

 

2019年の出生数は、1465万人だそうで、この出生数に焦って

国は対策を打っているようです。

 

 

それが、『3人目もOK』政策!

 

 

中国も2020年の出生数はコロナの影響で当然減っていると思われます。

 

中国は、14億人に対して出生数1465万人(10.4%/2019年データー)

日本は、1.26億人に対して出生数84万人(6.7%/2020年データー)

 

 

ただ、中国も、日本や韓国と同じで子供1人あたりにかかる費用が高すぎて、

たとえ1夫婦が産んでも良い人数を増やしても、そう簡単には変わらないでしょう。

 

日本が良い例で、2人目プラス○○円や3人目は○○円などの

お金を支給しても減少の一途を辿っている。

 

 

そうなると、子供を持たない理由を持ちたい理由に変えるしかないかと思います。

 

 

最近の夫婦が子供を持たない、持ちたくない理由を調べてみました。

 

「産みたくないから産まない、産みたいけれど産めない」理由

  • 子どもが好きではない欲しいと思わない
  • いまの世界に生まれてきた子どもがかわいそう、
  • 自分に子どもは育てられないと思う、
  • 夫婦(カップル)と二人の生活が楽しい、
  • 心配ごとが増えるのが嫌だ、
  • 面倒くさい、
  • 不妊(気味)や病気である、
  • 経済的不安、
  • 仕事を辞めざるを得なくなる、
  • 夫が子どもを欲しがらない、
  • 高齢出産のリスクが高い、
  • 世界の将来を考えるととてもじゃないが産めない、
  • いい遺伝子でなければ残す必要なんかない

 

いろいろな文献を見てみましたが、対処療法では根本的には変わらないと思います。

産まない理由が、個人を尊重する考え方に代わってしまっているからであり、

何も考えずに子供を作っていた時代とは違い、様々な情報が入り、個人個人が

自分自身の価値観や人生を考えたうえで判断したり、引き伸ばした結果

子どもを持つ人が減っている。

 

子どもの頃の家庭環境を安定したものに変え、家庭や地域の中で

子供が安心して育っていける環境にして、その子供たちが大人になった時に

自分も子供を作って、自分の親と同じような家族を作ろうと思えるように

しなくてはならないと思います。

 

 

本当に長い話なので、私なりの結論です。

 

子どもは国の宝である。

『成人するまでの費用を国と基幹企業が保証する』とかが良いのではないでしょうか?

国も企業も国民が沢山いて成り立っています。

 

2100年に今の人口の半分近くになると考えると、根本的なことを変えて対策を取るべきだと思います。

これには30年、50年の先を見据えた対策でなくてはならないと思います。

今社会で活躍しているほとんどの人はいないときのことなので、『少子化は駄目だ!」としか

考えないでしょうが、本当はその視点が必要な気がします。

 

 

人口減少と少子化加速2(続き)

SGDsの中に少子化対策はありません。

世界人口は増え続けていて、

2030年に85億人、

2050年に97億人、

2100年に109億人と言われています。

日本の人口は、2100年は5,972万人と今の半分以下になっています。

世界人口の0.547%で、今の韓国とさほど変わらないほどの人口ですが、

割合では、現在の世界人口が78億人なので0.64%。

 

2100年の日本の人口もデーターによっては、9000万人や7500万人と

いろいろな試算があるため見た中では一番低い数字で計算してみました。

 

2100年の世界人口順位

1位 インド 10億9000万人 (2017年時点 13億8000万人)
2位 ナイジェリア 7億9100万人(2017年時点 2億600万人)
3位 中国 7億3200万人(2017年時点 14億人)
4位 アメリカ 3億3600万人(2017年時点 3億2500万人)
5位 パキスタン 2億4800万人(2017年時点 2億1400万人)
6位 コンゴ民主共和国 2億4600万人(2017年時点 8100万人)
7位 インドネシア 2億2900万人(2017年時点 2億5800万人)
8位 エチオピア 2億2300万人(2017年時点 1億3000万人)
9位 エジプト 1億9900万人(2017年時点 9600万人)
10位 タンザニア 1億8600万人(2017年時点 5400万人)

※中国も人口が半減すると予想されています。アメリカは、ほぼ現状維持。

 

SGDsは、増え続ける世界人口を維持するため、世界中が長く住み続けられる地球環境や生活環境を維持するために

国連が掲げた17の目標であり、169のターゲット、232の指標です。

 

参考ページ(169のターゲットだけでも複雑で大変な内容です)

SDGs(持続可能な開発目標)17の目標&169ターゲット個別解説

SGDs(持続可能な開発目標)17の目標&169のターゲット個別開設

 

話をもどして、

少子化を止めるには原因を変えるしかない。

対策は何が出来るのだろうか

 

少子化対策とは何でしょうか。

 

先日の少子化加速ニュースを見てから、いろいろ考えていました。

 

気になりだすと、男性の育児休暇の義務化だとか、2020年生まれ84万人で出生率1.34過去最少だとか目に留まります。

朝の情報番組で赤いスーツのお兄さんが言っていた「日本のレベルの低さ」に納得しながら、

結局誰も何も出来ないのだろうと思ってしまいます。

 

 

「大企業は育児休暇の取得率を公表する!」と政府が豪語しているそうですが、

取るとらないが重要ではなく、

出生率を上げることが重要なのではないかと思ってしまいます。

 

育児休暇の取得率を強制的にでも上げさせる

『(公表する)=罰則を作る➔取得率が上がる➔出生率が上がる』という発想。

 

名古屋入管のスリランカ人女性の死亡の話も同じですね。

 

根本的な問題解決を目指さず、任期の間をうまく立ち回れたら良いとしか思っていないように

感じられてしまいます。

全てを差し置いて、人命が最優先であり、国としては国家の存続が優先なのではないでしょうか。

国民の代表の各議員が、国の未来を考えなくては、誰が考えるのでしょうか?

個々の任期が優先ではないと思います。

 

 

 

全く話は違いますが、4月から岐阜市内最高峰の山を歩いています。

本当は走りたいのですが、体が増量していることと足のケガの再発が怖くて

ランニングには復帰できなさそうです。

 

 

今までは走って通り過ぎていたので気づきませんでしたが、

カメラをもって野鳥撮影をしている人が多い山です。

 

私もカメラが好きなので、大きなカメラを持っている方に声をかけてみました。

 

500~1000㎜くらいのレンズで毎週末来られているそうで、

野鳥図鑑に出てくるようなきれいな写真を撮られていました。

 

 

キビタキ              オオルリ

 

春先から、色の綺麗な夏鳥が飛来してきていて、求愛合戦から始まり子育てが終わる

夏ごろまでは、夏鳥が見られるそうです。

 

鳥に限らず様々な生き物が本能で子供を作り、育てたり、植物だったら花を咲かせ種子を放ったり、

実をつけて鳥などの動物に食べてもらい、遠方での排出された種子での繁殖をめざしている。

 

そのために、鳥や動物であれば、綺麗な声で鳴いたり、綺麗な色をしたり、

クジャクのように綺麗で大きな羽をもったり、ライオンのように強そうな鬣を持ったりしています。

 

 

本能とは、遺伝子に組み込まれたプログラムなので、

本能に逆らって生きられるのは、人間くらいでしょうか。

 

 

子孫を反映させる本能より、今生きている自分たちの生活を

第一優先に考えて行動してしまう。

 

 

子どもを育てやすい環境とは何だろうか。

 

まだまだ終わらない話しです。

 

続きはまた次回。

 

人口減少と少子化加速

驚きの数字が発表されました!

2020年の出生数が87万人前後で推移して、
2019年とほぼ横ばいか微減で収まるようですが、
2021年の出生数は一気に80万人を割り込むかもしれないそうです。

2020年の婚姻数が約16%減少しており、
2021年1月~4月の出生数が戦後最低ペースで推移しているとのこと。

確かに結婚式が何度も延長になったり、新婚旅行もいけなくなったりと
ニュースや周りでも耳にする出来事の結果なのでしょう。

また、外出規制があり、大学など学校生活の制限やアルバイトが出来なかったりと、
出会いの場が少なくなったり、行動範囲が狭くなったり、
学生にとっては、人生において貴重な時期に体験できることが減って
厳しい状況だと思います。

もちろん今は、当社も含め、飲食、旅行、アパレルと生活の基礎となるべく
仕事が減って収入が落ち込んでしまう大変な状況です。

我々の世代(アラフィフ)around50!は、団塊ジュニア世代に
差し掛かるあたりでもあり、毎年約200万人の子供が生まれていた時代。

中学校は1学年10クラスあり、今に比べると本当に賑やかな世代だったと思います。

それに比べて今の小中学生は、1学年2~3クラス程度と
本当に少ないと思っていたのが、一気に80万人割れとなれば
1学年1~2クラスになりそうなレベルです。

2010年の出生数が107万人だったので、この10年で約30%近い減少となってしまいます。

政府が発表していた予測では、この数字は本来2030年ごろに到達するはずの人数だそうです。

この表の0歳から4歳を見ると、

男子212.4万人、女子201.9万人 合計414.3万人

これを5年で割ると、

2026年から2030年の5年間で、1年平均82.86万人の出生数を予定しています。

それが80万人を割ってしまう・・・・。

 

このあと、多少のリバウンドはあるかもしれないですが、

来年以降もこの傾向が続く可能性もあります。

 

 

彼らが大人になる2040年代はどんな世界になっているのでしょうか。

 

 

政治の話をしたくはないのですが、コロナ対策やオリンピックの開催に
手をこまねいている場合ではなく、SGDs云々を騒いでいるのでもなく、
日本にとって大事なことは「子供が少なくなりすぎている」ことだと
分かっていないような気がします。
(もちろん分かっているのでしょうが、プライオリティが低い?)

 

※追記:オリンピックは基準や落としどころを決めてそれに向かい、

コロナ対策も誰かが先導を取り、専門家の意見を伝言ゲームするのではなく

目指すべきゴールを決めて精一杯その対策を打つことが重要だと思います。

 

 

だれか想像しているのだろうか。

それとも諦めているのだろうか。

世界の実験台になろうとしているのだろうか。

これが時代の変化だから仕方がないことで、
変化には臨機応変に対応しなくてはならないから
そうなった時代に合わせるしかないのだろうか?

 

 

それでも、1世代(10年単位)での人口がその前の世代より、

10%前後減っていくのは異常な気がします。

 

人口が減っていく中での経済は、昨年から今年にかけての

急激に消費が止められた状態から想像できます。

 

 

今朝の新聞に載っていた、中国が3人目の子供を容認したことも、

急激な少子化を止めようと焦っているからだと思う。

この事実に、日本は誰もあせっていないのかな?

追記:新型コロナウィルスを抑え込むこと、Withコロナに向けた対策を取っていくことは、
重要かつ緊急な案件であることは周知の事実で否定していません。

 

追記:男性の産休が4週間になったニュースが出ましたが、少子化の原因は、

男性が産休を取らないからではないと思います。(6月3日)

 

当社の白衣が紹介されました!

先日の「繊維ニュース」(業界新聞です!)で当社の白衣が紹介されました。

 

既存の制服メーカー様の商品とは一味違う、こだわりの逸品です。

 

当社の社歴も20年目、「KLUG」の白衣は7年目に入りますますパワーアップさせていきます。

 

昨年は、マスクの販売で、岐阜新聞や中日新聞に取り上げていただいたり、

九州地区のスポニチに掲載していただいたりと、メディアで紹介されるケースが

増えてきました。

 

当然、当社が生産させていただいている、お客様のブランド商品が、雑誌に掲載されたり

メディアに出ることはうれしいのですが、自社の商品を掲載されるのはダイレクトに評価されたようで

また違った嬉しさがありました。

 

今後は、紹介していいただいたことに恥じることのない、更に良い商品を手掛けていきたいと思います。

 

 

今回のブログは手前味噌な記事になってしまいました。<m(__)m>

 

では、また。