NEWS

お知らせ

人口減少と少子化加速

驚きの数字が発表されました!

2020年の出生数が87万人前後で推移して、
2019年とほぼ横ばいか微減で収まるようですが、
2021年の出生数は一気に80万人を割り込むかもしれないそうです。

2020年の婚姻数が約16%減少しており、
2021年1月~4月の出生数が戦後最低ペースで推移しているとのこと。

確かに結婚式が何度も延長になったり、新婚旅行もいけなくなったりと
ニュースや周りでも耳にする出来事の結果なのでしょう。

また、外出規制があり、大学など学校生活の制限やアルバイトが出来なかったりと、
出会いの場が少なくなったり、行動範囲が狭くなったり、
学生にとっては、人生において貴重な時期に体験できることが減って
厳しい状況だと思います。

もちろん今は、当社も含め、飲食、旅行、アパレルと生活の基礎となるべく
仕事が減って収入が落ち込んでしまう大変な状況です。

我々の世代(アラフィフ)around50!は、団塊ジュニア世代に
差し掛かるあたりでもあり、毎年約200万人の子供が生まれていた時代。

中学校は1学年10クラスあり、今に比べると本当に賑やかな世代だったと思います。

それに比べて今の小中学生は、1学年2~3クラス程度と
本当に少ないと思っていたのが、一気に80万人割れとなれば
1学年1~2クラスになりそうなレベルです。

2010年の出生数が107万人だったので、この10年で約30%近い減少となってしまいます。

政府が発表していた予測では、この数字は本来2030年ごろに到達するはずの人数だそうです。

この表の0歳から4歳を見ると、

男子212.4万人、女子201.9万人 合計414.3万人

これを5年で割ると、

2026年から2030年の5年間で、1年平均82.86万人の出生数を予定しています。

それが80万人を割ってしまう・・・・。

 

このあと、多少のリバウンドはあるかもしれないですが、

来年以降もこの傾向が続く可能性もあります。

 

 

彼らが大人になる2040年代はどんな世界になっているのでしょうか。

 

 

政治の話をしたくはないのですが、コロナ対策やオリンピックの開催に
手をこまねいている場合ではなく、SGDs云々を騒いでいるのでもなく、
日本にとって大事なことは「子供が少なくなりすぎている」ことだと
分かっていないような気がします。
(もちろん分かっているのでしょうが、プライオリティが低い?)

 

※追記:オリンピックは基準や落としどころを決めてそれに向かい、

コロナ対策も誰かが先導を取り、専門家の意見を伝言ゲームするのではなく

目指すべきゴールを決めて精一杯その対策を打つことが重要だと思います。

 

 

だれか想像しているのだろうか。

それとも諦めているのだろうか。

世界の実験台になろうとしているのだろうか。

これが時代の変化だから仕方がないことで、
変化には臨機応変に対応しなくてはならないから
そうなった時代に合わせるしかないのだろうか?

 

 

それでも、1世代(10年単位)での人口がその前の世代より、

10%前後減っていくのは異常な気がします。

 

人口が減っていく中での経済は、昨年から今年にかけての

急激に消費が止められた状態から想像できます。

 

 

今朝の新聞に載っていた、中国が3人目の子供を容認したことも、

急激な少子化を止めようと焦っているからだと思う。

この事実に、日本は誰もあせっていないのかな?

追記:新型コロナウィルスを抑え込むこと、Withコロナに向けた対策を取っていくことは、
重要かつ緊急な案件であることは周知の事実で否定していません。

 

追記:男性の産休が4週間になったニュースが出ましたが、少子化の原因は、

男性が産休を取らないからではないと思います。(6月3日)